トップ / 小さな葬儀が増加傾向

小さな葬儀が増加傾向

葬儀のかたちや種類

直葬

多様化する葬儀の種類と家族葬

近年、葬儀のかたちや種類も多様化しています。特に家族や身内が中心の家族葬が増えています。規模の小さなお葬式が増加する背景には、従来の義理やつきあいではなく、生前故人をよく知っていて心から偲んでくれる人たちでお別れしたい、と考える傾向が強くなっているからです。これまでの葬儀では会葬者の接待に追われてしまい、故人とゆっくりお別れできないというケースが多かったからです。密葬とは、身内だけで遺体をひとまず荼毘にふして葬式を行います。家族葬との違いは、密葬の場合、後日社葬やお別れの会などの本葬が行われる場合が多いということです。

家族葬や密葬について

最近、多くされている葬儀が家族葬と密葬です。この2つは、どちらも親族だけで行いますが違いがあります密葬は、自宅で親族だけで行ったあとに、日を改めて次は本葬という大きなものを取り行います。この場合の種類は、会社関係が多く社葬としてすることが一番多いです。それに、反して家族葬という葬儀は一度しかすることはありません。家族だけで、集まり故人を偲びゆっくりとお別れができるものです。このように、色々な種類がありますが、どの方法を選択しても故人を大切に敬う気持ちに変わりはありません。安らかにと、願いのは共通しています。

↑PAGE TOP

© Copyright 葬儀も色々選べる時代. All rights reserved.