トップ / 葬儀の種類と特徴について

葬儀の種類と特徴について

多くある葬儀の種類

直葬

社葬での葬儀の心得について

多くある葬儀の種類の中でも社葬は、多大な功績のあった人に対して会社や団体が感謝の気持ちを表現する儀式です。公的意味合いが強いだけに、主催者側は細心の注意を払って準備し、実行しなければなりません。社葬が決まったからといって、即、葬儀を行わないのが特徴です。多くの会葬者が参列することになるので、その連絡や手配のためにある程度の日数がどうしても必要になります。遺族や近親者だけで、遺体をひとまず荼毘にふして葬式を行います。これを密葬といいます。故人の死を悼む儀式であると同時に、主催する会社の力量が問われる面もあるので、失敗は許されません。ですから細心の注意が必要なのです。

多くの種類と費用について

近頃は、芸能人の葬儀でも知らない間に終わっていることがよくあります。全体的に、今はあまり費用を掛けない風潮がでてきました。しかし、社葬のように会社の名前でする場合には大きな規模で行われますその特徴は、まず政財界からの献花や、弔電などたくさんのお供えが届きます。その会社の規模に合わせた葬儀をするためにお寺などを借りるケースが多くあります。このような大規模のものから、小さな家族葬まで種類は幾通りもあります。また既存のセット以外にも色々なアレンジができます。今は、希望通りのもので故人をお送りする時代です。

↑PAGE TOP

© Copyright 葬儀も色々選べる時代. All rights reserved.