トップ / 葬儀の種類の中の直葬とはなにか

葬儀の種類の中の直葬とはなにか

シンプルが特徴の葬儀

直葬

葬儀の種類のうち直葬とは

近年、直葬という形式を選ばれる方が増えています。一般的な葬儀は、通夜や告別式などの儀式がありますが、直葬ではありません。納棺した後は出棺、火葬そして骨上げです。そのシンプルさが特徴です。また、それらの儀式を省くために、会葬者を招く必要もありません。最もシンプルな種類の葬儀と言えます。更に、儀式にともなう焼香や読経などを行わないために、原則として宗教者は必要ありません。そのために無宗教葬あるいは自由葬などとも言えます。最大のメリットは、費用を抑えられることです。また、会葬者への準備や対応に追われないのもメリットです。

直葬とはどのようなものか

大切な方が亡くなってしまった場合は葬儀を行うのが一般的ですが、その費用は平均相場が200万前後と非常に高額な価格です。しかし、葬儀にはさまざまな種類が有り、小規模なスタイルである家族葬や、最も低価格な直葬などがあり、最近注目をあびています。その直送の特徴は、通夜、告別式といったセレモニーを一切おこなわず、火葬のみで、故人を弔うことです。祭壇やお供え、会場費用など高額となりやすい要素が全て不要で、最低限のことだけで事が終えられるため、時間がからないというメリットもあります。また、宗教観にとらわれることもないため、仏教以外の宗教を信仰されている方にとっても良いでしょう。

↑PAGE TOP

© Copyright 葬儀も色々選べる時代. All rights reserved.