トップ

葬儀も色々選べる時代

葬儀の種類も様々

直葬

一般葬の葬儀は流れがあります

時代が変化するように、葬儀の種類もさまざまなものがでてきました。費用も掛けない直送というものまで今はあります。個人の自由が、尊ばれる中でその意志を大切にしてお見送りをしています。従来の一般葬の特徴は、まず式が始まると僧侶が入場してきます。そして、読経が始まりその途中で親族の縁が濃い人から焼香をしていきます。規模も、親族が30人くらい中に座れるのが普通になります。しかし、近頃は家族葬という葬儀も増えています。家族だけと思われがちですが、一般の人もお焼香ができます。一般葬と家族葬を合わせたものもできます。

葬儀の様々な種類について

葬儀の種類ですが、多くの方々に参列頂く一般葬と、家族だけでひっそりと見送る家族葬があります。先ず一般葬の特徴ですが、家族などの親類縁者や近所の方や会社の方、また、幅広い交流のある方では、お付き合いの深さに合わせて参列頂く事になります。そして、会場も参列されるおおよその人数により広さ等の規模も考える必要性があります。また、葬儀の種類としては、家族葬があります。家族葬は、家族や親類縁者、特に親しかった友人など限られた人達で故人をそっと見送る小規模の葬式です。会場もあまり広くない部屋や自宅での見送りが多いです。家族葬の為、知人等の御香典を辞退することもあります。

↑PAGE TOP

© Copyright 葬儀も色々選べる時代. All rights reserved.